輝来心の言葉

島根県出雲市にある輝来心(こうらいしん)という場の紹介/多くの悩みを抱えている方々を阿弥陀如来様の御力で救っていただきました。/これまでに3000人ほどの相談者が輝来心に来られています。

学び始めることが遅すぎることなど無い

こんばんは。タカです。

現在、三十路なのですが今更ながらバスケのシュートフォームの改善を目指して練習しています(笑)

学生の頃に変な癖がついたまま今まで過ごしてきたので、地元のバスケットチームに参加したのを機にフォームを修正しているとこです。

 

f:id:axe52:20200413191515j:plain

公園のバスケットゴール

その練習をしながら思ったことがあります。

それは「成長しようとする思いはいつ抱いてもよい」ということです。

もう30歳なので体力的には衰えていく一方ですが、それでも向上心を持てることは素晴らしいことだと我ながら思っています(^^)

 

そして心の面でもそれは同じです。

体力の衰えなど関係ない分、心の成長というのはいつまでも可能なものだと思っています。

そんな心の学びや成長について今回は書いていきます。

 

この先もお付き合いいただければ喜びます(*‘ω‘ *)

 

 

 

いつからだって良い

始める気持ちが大切

 

【ある偉人の経歴】

江戸時代に精巧な日本地図を作製したことで有名な伊能忠敬という人物がいます。

f:id:axe52:20200413191728p:plain

伊能忠敬のイメージ

彼は商人として長い期間を過ごしました。

隠居をし、暦学や測量方法などを学んだ忠敬が日本地図作成の旅に出たのはなんと55歳のときです。

現在の55歳の感覚とは違い、老境にさしかかっていたにもかかわらず忠敬は旅立ちました。

そして大変精巧な日本地図を作り上げていったのです。

(残念ながら地図の完成を前に忠敬は亡くなりました。)

 

幼少期から、あるいは若い頃から天才的な能力を持った偉人も数多いですが歳を重ねてから偉業を成し遂げた忠敬のような人物も実際にいます。

イスラームの開祖ムハンマドも自らが預言者だと自覚したのは40歳頃だと言われています。

 

このように成長するのに年齢は関係ないですし、何かを始めるのをあきらめる理由に年齢を挙げるのは残念なことだと僕は考えます。

職業によっては制度で〇〇歳以下になっているものもありますけどね(^_^;)

 

 

【学び続けること】

ここで少し話を転じます。

「減量したけど、リバウンドして以前よりも太ってしまった。」

こんな経験をされた方も多いことと思います。

 

  • 目標体重になったから
  • 成果が感じられないから
  • 制限や運動が辛くなったから

いろいろな理由で減量をやめたと思いますが、以前よりも不健康な身体になるのはやはり残念なことですよね。

『続けていくこと』『継続する力』

これらはとても大事なことです。

 

心の学びに話を戻してみましょう。

自分がこの世にいる間、学び続けたとしても決して完璧な心には到達しません

悟りを得るなんて遥か先のことです。

そんな自分たちがどこかで心の学びをストップしてしまってよいのでしょうか?

「自分は立派な心の持ち主である」

こんな考え方をしている時点でその人の心は立派ではありません。

 

賢い人ほど学びたがり、愚か者ほど教えたがるという言葉が海外にはあるそうですが僕もその言葉に完全に同意します。

歩みを停めた時点で心の成長は止まります。

謙虚さを失い反省をしなくなった時点でそれ以上の成長は見込めません。

 

「自分はいつまでも完璧にはほど遠い」と思っている方が心の学びにおいては得られるものが多いように思います。

 

僕のシュートフォームの件に関してはもっと点が取りたくて修正しようと決意しました。

心の学びの場合はどんなことがきっかけになるでしょうか。

  • 未熟な心で傷つけてしまった
  • もっと多くの人を笑顔に出来るように

どんなきっかけであっても決意して学び続けることは素敵な生き方です。

 

現在、世の中が不穏な雰囲気で覆われています。

だからこそ心の中には輝く太陽を掲げましょう。

ふさぎ込むことなく、あきらめることなく、前進を続けましょう。

 

 

今回も最後まで読んでいただき

ありがとうございました(^O^)

 

 

相談のご予約、お問い合わせはこちらまで

0853-43-2579

予約の方の相談を優先的に受けさせていただいています。

ご了承ください。